野菜の高騰を乗り切るには?野菜の節約方法

  • poo30

野菜

最近、野菜が高いと感じられる方は多いのではないでしょうか?

天候不良や災害などが起こると、一気に野菜の価格は高騰します。高騰している時でも、野菜を安く手にいれる方法があればいいですよね。野菜の節約方法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

野菜がタダで手に入る?

Harvest

野菜をタダで手に入れることができる夢のようなサイトが存在します。

その名も、タダヤサイドットコム

タダヤサイドットコムでは、抽選形式で、形が悪くて売れないなどといった規格外の野菜を無料でプレゼントしています。食べてもらうことで、産地直送の野菜の魅力を知ってもらおうというのが、このサイトの狙いです。

抽選で当たる野菜は、もちろん産地直送の新鮮な野菜です。当選すれば、送料のみで、新鮮な野菜をタダでGETすることができます。気になるプレゼントの種類は2種類あります。

  • 緑色のプレゼント:一週間に一度、定期的に行われるプレゼント
  • ピンクのプレゼント:メルマガで開催日時が知らされる先着順プレゼント

プレゼント商品当選後の流れは、以下のようになっています。

出典:タダヤサイドットコム

野菜を育ててみよう!

プランター

野菜を作ってみるというのも1つの手。育てる楽しみもできて一石二鳥です。

家庭菜園はお金がかかると思われがちですが、節約の話をしているので、ここでご紹介するのは初期投資がほとんどかからない野菜の再生栽培の方法です

庭がない方も心配ご無用。100円ショップで売っている園芸用品や手持ちのコップなどを使って簡単に再生することができます。

再生栽培できる野菜には、小ネギ、かいわれ大根などがあります。かいわれ大根はともかくとして、小ネギって200円くらいするし、地味に高いですよね。ということで、小ネギの栽培方法について紹介します。

小ネギの再生栽培方法

万能ねぎの再生栽培

おおよそ写真の通り、再生が出来るくらい葉ネギの部分を残して包丁できれいに切ります。緑色の部分を少し多めに残しましょう。これを水耕栽培鉢のようにします。根っこを水だけのコップにそのまま入れておくだけでも十分、再生します。何度も収穫をしないのならば養分は水だけで問題ありません。日光も特に当てずに台所においておくだけでも結構、成長します。日光に良く当てて成長させる場合、水耕栽培と同じようにハイドロボールなどで根を固定すると良いでしょう。
万能ネギをスーパーで購入すると束で輪ゴムがついていますからこのまま簡単に水で洗って、緑色の部分を気持ち多めに残してばっさりと切りましょう。スーパーで万能ネギを選ぶ場合、根が乾燥していない、出来るだけ根が白い(茶色の根は腐ってる)ものを選びましょう。
万能ネギの売り場は他の野菜よりも低温の売り場になっているため、どの万能ネギを購入しても問題ないと思います。

love vegi

びっくりするほど簡単で安い方法ですよね!やってみない手はありません。小さなお子さんなどがいるご家庭では、お子さんと一緒に育ててみると食育にもつながりますよ。

上で引用したlove vegiでは、ベランダで作ることのできる様々な野菜の育て方を丁寧に解説してくれているので、野菜つくりに興味がある方は是非のぞいてみてください。

野菜の価格をリサーチ

Chart

野菜に関する情報を収集・分析・データベース化したサイトがあります。独立行政法人 農畜産業振興機構 野菜情報総合把握システムという会社が運営するべジ探というサイトです。

このサイトを見れば、最近の野菜の価格動向を知ることができます。

ただし、野菜関係の仕事に従事する方に向けた、かなり詳しい内容になっているので素人には少し詳しすぎる内容となっています。そこで、節約という観点からおすすめしたいのが、おすすめ野菜というカテゴリーです。

おすすめ野菜では、価格が落ち着いて推移している食べごろの野菜を紹介してくれています。旬の野菜の価格動向をわかりやすく解説してくれているので、是非参考にしてみてくださいね。

節約とは関係ないですが、このサイト、いろいろな野菜の情報を知ることができて個人的には見ているだけでも面白いと思っています。

ちょっと話が脱線しますが、リンク先にある、野菜産地の「物語・魅力・不思議」を発掘し、1人分にこだわった旬の野菜レシピとともに紹介する野菜の旬ナビゲーション ベジシャスというサイトも野菜好き必見のコンテンツとなっていて面白いですよ。

捨てないで!食べれます。

Eat

野菜の皮や芯などの廃棄部分も、上手に料理して食べることができれば節約につながります。野菜の皮などを使ったレシピは、cookpadなどにもたくさん掲載されているので、是非チェックしてみてくださいね。

野菜の廃棄部分の活用方法といえば、最近注目されているべジブロスはご存じでしょうか?

べジブロスとは、野菜の皮をはじめとした野菜の廃棄部分を使って作られた野菜だしのことです。

実は、野菜の栄養分は、野菜の廃棄部分にたくさん含まれています。これらの栄養素をスープとして煮出していただくべジブロスは、健康と美容にもいいと評判です。

節約しながら、美容効果も得られるなんてとってもうれしいですよね。気になる方は、べジブロスを開拓したタカコ・ナカムラさんのサイトを見てみてくださいね。

写真:タカコナカムラ

出典:タカコ・ナカムラ