UQ mobileにauから乗り換え!2台持ちMNPで解約料回避

  • かえでまん

スポンサーリンク

1.auスマートフォンの料金が高すぎる

auを使い続けて8年以上。ついにスマートフォンに機種変更しました。それまでガラケーしか使った事が無かったので、操作方法など戸惑う事もありましたが、いつでもどこでもインターネットに繋ぐことができ、動画や音楽も再生出来るスマートフォンはとても便利な物だと感じました。

しかし、問題点が一つ。料金が高すぎるということです。それまで使っていたガラケーでは、高くても月々5,000円程度でしたが、スマートフォンにしたことで月々10,000円程度の請求が普通になってしまいました。

契約して2年が経過し、機種代金の分割払いも終了した事と、結婚して子供が産まれたこともあって、どうにか節約出来ない物かと色々調べていると「格安SIM」という物を知りました。「今ある機種のSIMカードを差し替えるだけで使えるよ。」という話を聞いたので、試してみることにしました。

2.格安SIMの選定

一口に「格安SIM」と言いますが、非常に多くの通信事業者が存在しています。料金形態も通信容量上限も様々です。その時のスマートフォンの利用状況と、当時使っていた機種「HTC / htl21」だったということを考えると、auの回線を使用する「UQ Mobile」という会社が良いのでは無いかと思いました。

3.なぜUQ Mobileなのか?

実はau系の格安SIMというのはdocomo,Softbank系の格安SIMと異なり、運営会社が少ないという特徴があります。UQ Mobileの事を色々と調べていると、今あるスマートフォンのSIMカードを差し替えるだけで使えるということがわかりました。

データ高速プランなら3GBまでの高速データ通信容量と,月々980円という低価格が魅力だと思います。契約して1年ほどになりますが、週末の夜など稀に通信が不安定な事もありますが、基本的には安定して接続されているように思います。そして3GBという通信容量上限も、スマートフォンで頻繁に動画を見るような事が無ければ十分な容量だと思います。

4.2台持ちで解約手数料を回避

auのスマートフォンを解約する場合、更新月でない場合10,000円程度の解約手数料がかかる場合があります。これを回避するには、auで契約しているスマートフォンをガラケーに機種変更するという方法があります。そして、残ったスマートフォンにUQ MobileのSIMカードを差し込みデータ専用端末として使うという2台持ちの方法です。

2台持ちが煩わしいというデメリットはありますが、この方法ならば電話番号が変わる事はありません。

5.具体的にどの程度節約になるのか

ガラケー(au)の契約は、通話のみの料金プランを選択し、スマートフォン(UQ Mobile)の契約は、データ通信のみのプランを選択します。私の場合、ガラケーの契約はauで「プランSSシンプル」 スマートフォンの契約はUQ Mobileで「データ高速プラン」を選択しています。

auの料金が機種分割代金、基本使用料、安心パックなどを全て含めて月々2,000円程度。UQ Mobileの料金が月々1,060円、合わせて月々3,000円程度の料金となり、auで契約していたスマートフォン料金より月々7,000円程度節約することが可能となりました。

6.注意点など

auのスマートフォンにUQ MobileのSIMカードへ差し替えて使う場合、自身でauからUQ Mobileへと通信先を変更する必要があります。UQ Mobileのサイトには詳しく解説がありそれを見ながらやれば、誰でも設定する事が出来ると思います。

先述しましたが、UQ Mobileには3GBというデータ通信容量の上限が設定されています。Wi-Fi環境下では問題ありませんが、頻繁にスマートフォンで動画を見るという人には注意が必要です。動画というのはかなりの通信容量が必要となりますので、格安SIMに乗り換える際は使い方を変える必要があるかもしれません。それ以外はさほど問題となるような注意点は無いのではないかと思います。