見積もり-100万円を実現する結婚式節約術

  • あきんこ

私は結婚式にすごくこだわりがあって、着たい衣装や、やってみたい演出が盛りだくさんでした。

式場にもこだわりがあり、全てを実現させるとして出してもらった見積もりは、とても2人では賄いきれない金額となってしまいました。

でも、一生に一度の結婚式で、どうしても妥協したくなかったので、全て実現しつつ当初の見積もりから-100万円の節約につながりました。100万円節約のコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.作れるものは全て手作り

手作りブーケ

招待状や席次表など紙のアイテムは全て手作りで行いました。

式場に頼むより、キットになっているものを使用すれば、およそ3分の2程度の値段で出来ます。

ただ、私はキットは使用せずに、デザインから全て手作りにしました。

紙代+インク代+シール少々などで完成したので、式場で頼む半額以下で作成出来ました。

元々イラストレーターやフォトショップなど、デザイン系のツールを使用出来たので、特に問題なく作成出来ましたが、調べてみると無料で使えるフォーマットも沢山あるので、それらを探したほうが時間の短縮にはなったかなと思います。

次に、ブーケやヘッドアクセサリーも手作りしました。

式場で頼むブーケですと、生花で3万~5万円でした。

私は造花で作成しましたが、1個約3,000円未満で作成出来たので、お色直し用に2つ作成しました。

ヘッドアクセサリーでは花冠を作成しました。こちらも式場やお花屋さんで注文すると、生花で約1万円、プリザーブドフラワーでは1万円以上するものもありましたが、造花で作成し2,000円程度で作成出来ました。フラワーアイテムを自分で作成した点は、かなりの節約につながったと思います。

2.ドレスはアウトレットで購入

ドレス

白いウェディングドレスは、式場でセミオーダーで作ってもらえたので式場で購入しましたが、お色直しのドレスは芸能人がデザインしているものが着たくて、式場でレンタルとなると20万以上するものもありました。

カラードレスを2着着用したかったので、式場でレンタルすると予算にかなり響きます。そこで、私は思い切って購入することを考えました。

ドレスのアウトレットセールを年に数回開催している情報があったので、調べてみると丁度いいタイミングで越谷レイクタウンで行っていたので、行ってきました。ここでは、ドレスショップで試着などで使用したドレスなど、アウトレット価格で販売していました。

気に入ったドレスが、丁度サイズがぴったりだったため2着購入し、合計5万円程度でした。B級品もあるようでしたが、特に目立つ汚れや気になるものはありませんでした。

3.フリマをフル活用

フリーマーケット

ブライダルインナーや新郎の靴、グローブやアクセサリーなど、様々な小物類は全てフリマを利用しました。

実際に行われているフリマでは、実物を手にとって確認することが出来、値段交渉もその場で出来るため、本当に重宝しました。

実際のフリマでは、グローブやアクセサリー類の出品が多かったのですが、ほとんどの商品が200円~1,000円程度で購入出来ました。

他にも演出に必要なグッズや、実際のフリマでは見つけることが出来なかったブライダルインナーなどの商品は、mixiのコミュニティにある「ゆずります」などの書き込みで購入したものもあります。

こちらもある程度値段交渉出来る場合もあり、ブライダルインナーはセモアのものを3,000円で購入出来ました。

こちらから「譲ってください」と提示することも出来るので、足りない商品を探し続けることも出来たので、節約の大きな手助けになりました。

小物類も式場でレンタルや購入すると、私が実際に購入した倍以上の値段してしまうものもあったので、とても節約になりました。

私の節約テーマは「100万円ダウン」というところだったため、コツコツと小さな節約をするよりも、思い切ってドレスを購入するなど大きな決断もいい結果につながったと思います。

自分にかかる衣装代はとにかく安く抑えられたので、その分引き出物や料理などゲストに関係するものは下げることなく行えたので、式自体のクオリティは維持した節約だったと思っています。