ドコモのdtab d-01Gに白ロム×OCNモバイルONEの格安SIM体験談

  • しめ鯖

dtab d-01GというタブレットにOCNモバイルONEの格安SIMを入れて使っています。dtab d-01Gは第3世代のアイパッドから買い替えでネットで白ロムを購入しました。

OCNモバイルONEの格安SIMを選んだ理由は、ネットで格安SIMの使いやすさや利用者状況を調べてみたところ、OCNモバイルONEが一番人気のある格安SIMだということがわかったからです。多くの人が使っている格安SIMならサービスの質も回線状況も安心だと思ったからです。

スポンサーリンク

1.格安SIMでdtab d-01Gを使おうと思った理由

そもそもdtab d-01GはもともとNTTドコモが販売しているタブレットであり、NTTドコモと契約して使うことでタブレットの本体代金もかからないというかなり格安のタブレットです。

しかし自分はドコモと契約してこのタブレットを使うのではなくてあくまでも格安SIMでの利用に拘りました。その理由はdtab d-01Gの性能と本体価格の安さドコモプランの契約内容にあります。

dtab d-01Gはスペックがあまり高くない端末ということでドコモからも安く販売されており、インターネットで未使用品の白ロムを探してみても1万3千円くらいが相場となっていました。格安SIMでdtab d-01Gを利用する場合、初期費用こそ1万3千円かかってしまいますが、その分毎月のランニングコストはとても安いですし、契約の縛りもありません。

一方でドコモで購入した場合、端末の本体価格はかからないものの、格安SIMよりも毎月のランニングコストがかかってしまいますし何より2年間の契約の縛りがあります。最近のタブレットやスマホ市場は進化が早く、ハイスペックの端末を買っても2年と経たないうちに古いモデルになってしまいます。dtab d-01Gは発売された時点でのハイスペック端末というわけでもありませんでしたし、ハイスペックではない端末を強制的に2年間使うとなると色々と不便そうだと思ったので、自由の高い格安SIMで使うことにしたのです。

2.格安SIMの申込はAmazonがお得

自分は格安SIMのパッケージの購入はOCNの公式サイトから行わず、Amazonで購入をしました。多くの格安SIMは契約するときに契約事務手数料が3240円かかり、OCNモバイルONEの場合も公式サイトから申し込みをした場合同じだけの料金がかかってしまいます。

しかしAmazonから申し込みをすればこれよりも安い手数料で使いはじめることができるということだったのでAmazon経由でSIMの申込をしました。申し込んだのはデータ通信のみのSIMでしたが760円程度の初期費用で済みました。

3.OCNモバイルONEの使用感について

SIMが届いた後はネットで申込手続きをして利用開始となりました。選んだプランは一番安い月額972円で1日110MBまでLTE通信ができるプランです。

速度については使う時間によって大きく異なるので一概に遅いとか速いとかは言えませんが、平均すると5Mbpsくらいの速度が出ているように感じます。初期設定もネットで調べた手順通りにやったら簡単にできましたし、特に接続トラブルも起きていません。OCNモバイルONEとdtab d-01Gは相性が良いみたいで回線は安定しているように感じます。

4.総評

OCNモバイルONEの格安SIMとdtab d-01Gの組み合わせは相性がよく、通信の品質については特に問題ありません。

速度についても軽くインターネットをする程度であれば全然問題ありません。但し大容量ファイルのアプリや映画などをダウンロードする場合には速度が遅いと感じたりデータ容量別にが足りないと思う人もいるかもしれません。

自分は大容量ファイルをダウンロードするときにはWi-Fiを使っているので特に不自由は感じていません。主にWi-Fi環境で通信をして、外でネットをするのは僅かであるという人にはOCNモバイルONEの格安SIMはかなりおすすめできると思います。