赤ちゃん・幼児のおもちゃやおむつ、おしりふきの節約術

  • ゆかぱんまん

子育ては何かとお金がかかりますよね。時に赤ちゃんの頃は、おむつ代やおしりふき代など、買わなければいけないようなものもたくさんあります。大きくなれば、洋服や習い事など、額の大きな出費も増えてきますから、賢く節約する必要があります。今回は、今すぐ使える節約術についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃん時期の節約術

オムツの時期には、オムツ代とおしり拭き代がかなりかかってしまいます。節約のためには布おむつがおすすめですが、洗濯の手間や時間を考えると、忙しい現代の子育てにはマッチしていないでしょう。

そこで提案したいのが、オムツの購入方法です。Amazonでは、おむつやおしりふきの定期購入サービスがあります。定期購入すれば、通常よりも安価に購入することができるのでお得です。

しかも、自宅まで定期的に届けてもらうことができるので、お店に行く時間やガソリン代の節約にもなりますね。足りない時は追加購入、まだまだ余っている時には定期の休止もできるので便利です。

おしりふきの節約方法ですが、家にボロ布があればそれを使います。ぬるま湯で濡らしてしぼったもので、ウンチがついているおしりを拭いてあげましょう。固形物などはつまむようにして取ります。おしりふきは仕上げだけにします。毎日のことなので、結構な節約になりますよ。

子供のおもちゃ代の節約

赤ちゃんの頃は、手作りおもちゃがオススメ。ペットボトルのキャップを2つ用意して、その中に豆やビーズを入れてテープで留めるだけでガラガラ音が鳴るオモチャができます。新聞紙をくしゃくしゃ丸めて遊ぶだけでも、赤ちゃんは喜んでくれますよ。

子どもがある程度大きくなると、手作りおもちゃだと物足りないですよね。おすすめは、リサイクルショップの利用です。リサイクルショップのセカンドストリートでは、子供用おもちゃも取り扱っています。

定価の半額以下で買えることも多いので利用してみましょう。

また、不要になったおもちゃがあれば買い取ってもらうのもオススメ。そのまま捨ててしまうのなら、ぜひ買い取ってもらいましょう。

たくさん食べる時期は大変!食費の節約

赤ちゃんや幼少期はまだいいのですが、大きくなるにつれて子どもの食べる量はぐんぐんと増えていきますね。特に運動量の多い子だと、よく食べます。

そこでおすすめが、食費の節約です。食べる量を制限されてしまうと、子どもも物足りなさを感じてしまうので安い食材で「かさまし」します。栄養価が高くて安価な「豆腐」は万能。水切りして使えば色々な料理に応用できます。ロールキャベツの具、ハンバーグのかさましにもぴったりですよ!ひきにく+豆腐は便利な節約術です。

すぐにサイズが合わなくなる洋服類の節約方法

子どもには、可愛いもの、かっこいいものを着せてあげたいというのは親心。でも、毎月ブランド物の洋服を買うのはちょっともったいないかもしれませんね。

それは、子どもがすぐに大きくなってサイズが合わなくなってしまうことがあるからです。気に入っているブランドがあるという場合には、リサイクルマートやセカンドストリートなどのリサイクルショップを使用するのもオススメです。子どものブランド服は、あまり袖を通していないものが売られることが多いので、状態のいい物が買えることもありますよ。

店舗によって得意なジャンルが違うので、ブランド物に強い店舗を探してみましょう。また、同世代の子どもを持つお母さんどうしてフリマを開催してもいいでしょう。自分の子どもには着られないけれど、他の子どもにはぴったりのサイズのものがあれば、交換するのも一つの手です。着ないままに捨ててしまう洋服があるのなら、声をかけて見てはいかがでしょうか。